虫歯対策は歯科医院で「余計な時間や費用はナイナイ」

定期健診で虫歯予防

虫歯や歯周病の他に

歯科医で治療や症状の判断が出来るのは虫歯や歯周病もありますが、かみ合わせもあります。 食べ方や噛み方などの癖が長年続くと、歯のすり減りやアゴの歪みなどが出てくる事があります。 軽症なうちに原因を発見して改善方法を提案出来るのが歯科医での定期健診です。 歯科医での定期健診はおおよそ半年に1回程度の臭気で、虫歯の有無の確認と治療済みの歯に異常が出ていないかの確認を行います。 同時に歯肉をはじめとした口内全体の環境をチェックします。 目視でわかる異常はすぐに発見する事が出来ますが、歯肉がかぶっていたり、歯根の異常というのはレントゲン撮影を行って内部の状態を定期的にみる必要がでてきます。 原因がわからない頭痛や、肩こりの原因がかみ合わせや歯が原因である事もあるので、この定期健診はとても大切です。

継続的な検診や問診

歯やかみ合わせが原因でおこる症状は頭痛や肩こりだけではなく、実際にアゴの周囲で異常な音がしたり、歯の一部が異常にすりへったりという症状もあります。 原因がレントゲンの画像を見て初めて分かったり、人により痛みの有無があったりと随分症状に違いがあるので、定期健診時の日常の癖や治療の履歴などで症状のレベルを判断する事になります。 生活面の留意点の提案や具体的な使い方などの指示も受ける事が出来ます。 かぶせの金属の形状やサイズが経年性で変化を起こしている時も症状が出る人がいるので、この場合はかぶせを削ったりして微調整をして様子を見る事もあります。 このような施術は短い期間で判断をする事は難しいので検査と判断には若干の時間をかけてから歯科医が具体的に行う事になります。 歯は歯周病などの病以外にも生活面での影響を受けやすいので、定期的に歯科医でチェックをしてもらいましょう。