虫歯対策は歯科医院で「余計な時間や費用はナイナイ」

予防で守る歯

歯医者を虫歯の予防に利用しよう

歯磨きをしていても今まで通りの歯医者の利用の仕方をしていたのでは、歯は悪くなる一方です。たとえば歯が痛くなってから歯医者に行くとか、口に中に違和感があるからとか、そういう状態になってから歯医者に行ってももう遅いでしょう。悪くなるに決まっていっる歯をそのまま悪くならないように、歯医者を利用することが最善の治療といえます。要は悪くなる前に虫歯予防もかねて歯医者を利用するということです。 歯が生えそろった時から歯槽膿漏は始まっているので、その時点から歯医者で歯石を除去すれば、一生涯きれいな歯を保つことができます。確実な治療効果が得られる歯石除去を今からでも遅くありませんのでやってみてください。 虫歯ができる前にその予防として、歯医者を有効に使いましょう。

メンテナンスしよう

歯槽膿漏を抑えるためには、雑菌をはじめ歯石や汚物を根気よく除去しなければなりません。最近は食生活や、タバコストレスが歯槽膿漏の原因であるかのように言われていますが、やっぱり大きな原因は歯石にあるようです。 なかなか歯磨きだけでは歯石は取れず、歯槽膿漏の原因が歯石であるとすれば毎月でも歯医者の歯石除去を受けてみるべきです。 生涯自分の歯で食事をしたいと思うのなら、定期的な歯石の除去が必要になってくるのではないでしょか。また自分の生活にも気を付けて歯槽膿漏によって歯が解けて、何もできなくなるという事態は避けたいものですね。 定期的な自分の歯のメンテナンスによって、自分が死ぬまで健康な歯をもち続けたいものです。